Minto! 7

「ミント、明。今日俺んち来いよ」
 岡村くんが言った。
「いいね!」
 明が声を上げた。
「ぼくも行くよ」
 と、高野くん。
「ああ、はいはい。どうぞどうぞ」
 仕方なさそうに岡村くんが答える。ちょっと投げやりっぽい。友達同士なのにねぇ……。
「ミントはどうする?」
 高野くんが優しくきいてくる。岡村くんに誘われた時も思ったことなんだけど……。
「あたし、行っていいの?」
「もちろん!」
 明、岡村くん、高野くんの声が重なる。
「あの……でも、あたし、ここに越してきたばかりだし……」
「んなの関係ねぇよ。なぁ、高野」
「うん……まぁ、ミントの気持ちもわかるけどね」
「『ミントの気持ち』……うん、詩集のタイトルになりそうだな」
「茶化さないでくれよ」
 岡村くんと高野くんが声を揃えて笑う。
 何だ。明をめぐって三角関係でも、やっぱり仲いいんじゃん。この二人。
「でも、ぞろぞろ来ちゃ迷惑じゃないかしら」
 一応、遠慮がちに訊く。
「ああ。うちの家族、つーか姉貴ね。騒がしいの好きだから」
「君が一番騒がしいからね」
「うっせ」
 岡村くんが高野くんの頭にチョップを食らわす。
「だから、ミントも来ていいよ、つーか、来いよ」
 岡村くん、強引だなぁ……。
「川崎も来るかぁ?」
「私は後でピアノのおけいこがありますから」
「ピアノのおけいこかぁ。相変わらずお嬢様だな」
「やめてよ」
 真美は照れたように笑う。
「なぁ、高野と真美ってお似合いだと思わねぇか? 優等生同士」
「あんた、そういうことしか頭にないわけ?」
 岡村くんの言葉に対して、明が呆れたようにツッコむ。
「だってさー、一応恋敵だもんよー」
「ふん。どうせ本命は千春さんのくせに」
「やー、それを言われるとなぁ……」
 岡村くんは、明るく笑いながら頭を掻く。
「こいつぅ……全然変だって自覚してないよ……」
「岡村、そろそろ姉離れしたらどうなんだい? 君は異常だよ」
「異常ねぇ……」
 岡村くんがあごを撫でている。高野くんの台詞を検討しているみたい。
「千春さんはもう中学生なんだよ。思春期なんだよ。君が束縛しちゃかわいそうじゃないか」
「ちょっと。高野。今の台詞は聞き捨てならねぇな。誰が束縛してるって?」
「君だよ、君」
 ちょっと、ちょっと。岡村くん、高野くん。二人とも……。
 何とか止めようとしたけれど、明も真美も知らん顔している。
 どうにかしてよ! 二人とも! えーい! こうなったらあたしが止めちゃる!
「岡村くん! 高野くん! やめてよ!」
 あたしが叫ぶと、
「ああ、こいつらね。このぐらいのやり合いしょっちゅうだから」
 何? しょっちゅう相手のことを、異常だの、千春さんという人(岡村くんのお姉さんだよね、確か)を束縛してるだの、言うの?
 わかんない。あたしわかんない。
 岡村くんと高野くんて、どういう関係なの?
「ああ。ミントは慣れてないんだっけ。なんか不安そうだな」
「すれてないんだよね。いい意味で」
「どうせあたしはすれっからしですよーだ」
 岡村くん、高野くん、明の順で言う。
「あたし達の言い合い、ちょっと刺激が強かったみたい……ね」
「うーん。惜しいな。まことに惜しい」
「何が惜しいのよ、岡村」
 明がじろりとにらむ。
「もうちょっと精神的に強けりゃなぁ。そしたらオレ、考えないでもないんだよなぁ。授業で意見言った時なんか、マジかっけー!と思ったのにさぁ」
「……ミント、今すぐ強くなってくれたまえ」
 高野くん……強くなってと言われても……。みなさんタフな人ばっかりで。
 ふぇ〜ん。元のガッコに帰りたくなるよう……。
「ミントが泣きそうな顔になってるわ。あなた達。その辺にしたらどう?」
「うっ……」
 真美がきゅっと眉間にしわを寄せると、岡村くんと高野くんは大人しくなった。
 すごい……真美……。
「真美って、本当にすごいのね」
 あたしが感心しながら言うと、
「何がすごいのかわからないけど、一発で黙らせることができなければ、この悪童連を手なずけられないし」
 と、真美が返事する。あたしの言いたいこと、わかってくれたみたい。
「悪童連って……ぼくも入ってるんですかぁ」
 高野くんは大いに異議がありそうだ。
「もちろん」
 真美は頷く。
「話は変わるけど、今週私と高野くんは掃除当番よ」
「あ、忘れてた」
「いいっていいって。ゆっくり来いな」
 やっぱり、岡村くんと高野くんは仲いいんだな。けんかもするけど。
「うーん。岡村に任せるのは不安だけど仕様がない。なるべく早く行くよ」
「来なくてもいいぞ」
「何だとッ!」
 えへん、という咳ばらいが聞こえた。笹峰先生だ。
「高野。掃除は真面目にやるように」
「……はぁ〜い」
「俺たちゃ今週は掃除休みだもんねぇ。いいだろ。ミントも転校生だから休みだぜぇ〜」
「はいはい。よかったですね」
 高野くんも、今はちょっと面倒になっているみたい。
 本当に、岡村くんも高野くんもあたし達には優しいのに、どうして二人だとけんかとかするんだろ。それぐらいで関係壊れないほど仲いいってことかしら。
 ま、考えてもしようがないよね。それに……ちょっとうらやましいかも。
「じゃ、真美、高野。お先に」
 明はにっこりほほえんだ。うーん。そうしていると、かわいいんだけどなぁ……。
 ちょっと美少女っていうイメージと程遠いように感じてしまうのはどうしてだろう。
「行ってらっしゃーい」
 残念そうに高野くんが手を振る。うん。ちょっとやり取りが過激なだけで、慣れれば平気よね……慣れるかしら……。

2011.7.13

8→

BACK/HOME