Minto! 4

 その時――
 だんっと勢いよくあたしの机を叩いた人がいた。誰かと思って見てみると――。
「お……岡村くん?!」
「アンタらさぁ……うるさいんだよね」
 岡村くんが言うと、あたしの周りにいた男子は全員散ってしまった。
「あ、岡村くん……」
 ありがと、って言うのも変かなと思っていると。
「アンタもさぁ……もうちょっとしっかりした態度取った方がいいよ。でないとつけこまれるよ」
 うっ……。た、確かにあたしもはっきりしてなかったわよ。
 でも、あたしはあなたの好きな西澤明ちゃんじゃありませんからねー、だ。
「何だ? 言いたいことありそうだな」
「別に。ただ、あたしは明と違うもん」
「へーえ……」
 岡村くんは考えているようだった。そして、言った。
「アンタ、明に妬いてんの?」
 図星だったから、あたしは――
 パンッ!
 岡村くんをついひっぱたいてしまった!
「明みたいでなくてわるかったわね!」
 そう言って、バタバタと教室を出て行った。

「は~あ」
 あたしは階段に腰かけていた。
 何で上手くいかないんだろ、あたし……。
 岡村くんには……悪気はなかったはずなのに……。
 悪いのはあたしだ……。
 もうあの教室帰れない……。
 ひっく、ひっく……。涙としゃっくりが止まらない。
 あたし……もう自分ち帰る。
 お父さんやお母さんがいなくてもいいや。
 あ、説明がまだだったね。あたしの両親、今海外なの。
 どっかで聞いたような設定だって? 気のせいだよ。うん、ほんと。
 あたしは家事も少しはできるから、自分ちでお父さんとお母さんを待とう。
「ここにいたの」
 このふわっとしたソプラノの声は――
「川崎真美さん!」
「真美でいいわよ」
「でも、呼び捨てって、何か悪くて……」
「明のことは何て呼んでんの?」
「あ、そういえば……」
 何となく、呼び捨てにしてる。
「明って呼んでいるんでしょ?」
「は……はい」
「もっと普通に話したっていいのよ」
「だって……真美さん大人っぽいから……」
「真美さん……か」
 真美さんが寂しそうに笑う。
「みんな、私の外見しか見ないのよね。明だけだったわ。あたしの心の中にスッと入って来たのは」
「そ……そうなんですか?」
 確かに、明ならなぁ……。
「でも、あたしは明じゃないんです」
「私、あなたのそういうとこ、好きになったわ」
 真美さんはにこっと笑った。
「岡村くんに平手打ちしたって?」
 う……できれば、そのことは忘れたい。
「あれ、結構女子にウケたみたいだわよ」
「そうなんですか?」
「岡村くんもねー、あれで結構評価の分かれる人だから。でも、岡村くんが好きな人には、不興を買っちゃったみたいよ」
「不興……?」
「嫌われたってこと」
 そりゃそうでしょうねー。
 あたしだって、何であんなことしたのかわからないもん。
 でも、真美さんて、結構言いたいこと言うよなー。
 と思っていると。ばちっと相手と目が合ってしまった。
「あたしのこと、言いたいこと言って、って、思ってる?」
 まぁ、隠す必要もないしね。あたしは首を縦に振った。
「ミントって、正直な子ね」
「ええ、まぁ……」
 それだけが長所ですから。
「やっぱり、明の親戚だけのことはあるわ」
 あたしは目が点になった。
「えええええっ?!」
「あら、やだ。知らなかったの? 有名な話よ」
「じゃ、あたし、明と同じ血が流れてるんだ」
「そうそう。それで噂になったのよね」
「じゃあ、男子は何て言ってる?!」
 結構凶暴だよなー、とかって、話してんのかしら。さすがは明の親戚だって。――明には悪いけど。
「私はあまり知らないわ。岡村くんのフォローが上手だったから、みんな何とも思っていないと思うけど」
 そっかー。岡村くん、優しいな。
 後でおわびとお礼言わなきゃ。
「あー、こんなとこにいたー」
 明が現われた。
「真美さんと一緒にいたんだね」
「ええ。……あのね、ミントっておかしいの。明が親戚だってこと、今まで知らなかったんだって」
「えー? まぁ、あたしも会ったのは昨日が初めてだったんだけどさ。赤の他人に娘預ける親なんているわけないって。どっかつながりがなくっちゃあ」
 まぁ、確かに明の言う通りかもしれないけど。
「それにさー、うちのママとミントのママって、親友同士だったんだって。学生時代。前にミントの写真も見せてもらったんだけど、忘れててさー」
 あはは、と明は笑う。
 あたしは水色の髪をしているが、そんな色の髪の女の子なんて、珍しくないんだ、この話では。
「それに、雰囲気も見た目もだいぶ違ってたしね。あたしは今の方がいいと思うよ」
「あ……ありがとう」
「この子ねぇ、ミントが来るの楽しみにしてたのよ」
 くすくすと真美さん――真美も笑う。
 うん。真美って呼んでいいよね。今日から。
「真美――改めてこれからよろしくね」
 あたしが言うと、真美も、
「よろしく。私達、これからは友達ね」
 と、きれいな笑顔のままであくしゅしてくれた。
「じゃ、教室に戻ろ。みんな待ってるよ」
 と、明が前を指さした。

2011.5.25

5→

BACK/HOME