Minto! 3

 あたし、ミントこと水無月美都。
 今は、衝撃の事実に驚いてます!
「明ってモテるんだね」
 歩きながら、あたしは言った。
「別に、そんなんじゃないよ。あたし達幼なじみだから、三人でつきあってるようなもん」
「へぇー……」
 あたしはこっそり明の横顔を見た。
 通った鼻筋、大きな目。赤いリボン。
 やっぱりモテるのわかるなぁ……。
「ミントこそさ、かわいいから彼すぐできるよ」
「彼ねぇ……」
 いまいちぴんと来ない。
「あ、川崎真美だ」
 あ、あの人……?
 すっごーい! キレイな人!
 ゆるいウェーブがかった金髪を三つ編みに編んでいる。
「モテるって、ああいう人のこと言うんだよ」
 そういえば、男子がむらがっているような……。
「でも、明だってモテるじゃない」
「たった二人にモテてもね……」
「でも、岡村くんも高野くんもステキじゃない」
「ステキかねぇ……」
 明は苦虫をかみつぶしたような顔になった。
「だって、あたし、あいつらの裸見て育ったんだよ」
「まぁ……」
 あたしはさぞかし赤くなっていたことだろう。
「それを急に恋人として見ろって言ったってねぇ……」
 そうなんだ~。
「でも、どっちもいい人そうじゃない?」
「ま、それは認めるけどさ。あいつらも結構モテるし。でもねぇ……」
 明がまた眉を寄せた。
「どうしたの?」
「やっぱり幼なじみとしか見れないわけよ。あたしとしては」
 ふーん。ゼイタクな悩み……。
 まぁ、あたしだって、岡村くんや高野くんに恋したわけではないけどさ。あたし、一目ぼれの魔法って未だに信じてるし。
 でも、その相手が見つからない……。
 いいんだ。いいんだ。別に。
 あたし達、まだ小学生だもん。恋は、中学生になってからでもいいよね。
「あ、真美ー!」
 明がさっきの美少女に声をかけた。相手がこっちにやってくる。
「こちら、川崎真美。こっちは水無月美都。あたしはミントって呼んでる」
「かわいいわね。よろしく」
 きれいな顔にソプラノの声。これじゃ、男子じゃなくても気おくれしちゃうよ~。
「あ……水無月美都です。よろしくお願いします」
「お、噂の転校生だ」
「なかなかかわいいじゃん」
「あきらの家に居候するなんて、命知らずだな」
 わやわやと男子も集まる。
「誰よ、命知らずなんて言ったの」
「春山だよな」
「いいや。この明さんの耳はごまかされんぞ。――木ノ瀬、あんただね!」
「やー。バレちったか」
「バレちったかじゃなーい。たく、こいつらは……」
 明、楽しそう。
 あたしといる時より楽しそう。
 あたしがどうしようかと迷っていると……。
「ミントちゃん」
 真美さんがあたしの肩に手をかけた。
「明はいつもああなのよ」
「ああって?」
「いつの間にか、その場の中心になってしまうというか……」
「ふぅん……」
 わかる気がするな。
「あら、笑ったわね」
 真美さんが嬉しそうに言う。
「え、あ、はい……」
 私はどぎまぎしながら答える。
「明とも仲良くやっていけそうね」
「はい!」
 本当にそう思っている。明とだったら楽しそうだ。
 明るいし、元気いいし……。
「私も、明にはあこがれているんだ」
「へぇー、そうなんですか」
 あたしは思わず得意になった。
 明の家に住んでいるのは、あたしなんですよ! そう言いたい気持ちだった。
 ま、真美さんはそのこと知ってるでしょうけどね。
 その時だった。
 キーンコーンカーンコーンとチャイムが鳴った。
「朝勉強の時間よ。……と言っても、ミントちゃんは知らないんだっけ」
「はい。……それから、ミントって呼んでください」
「わかったわ。ミント」
 真美さんがふわりと笑う。
 美少女って、いるところにはいるんだなぁ……。明もかわいいし。
 私が元いた学校だって、結構かわいい子はいたけど、レベルが違う、というか……。
「なぁなぁ、どこから来たの?」
「ミントって兄弟いる?」
「趣味って何?」
 え? え? な、何なの……?
「早速男子が来たわね。それじゃ、私はこれで」
 ええっ?! ちょっと待ってよ、真美さーん!
「ふふふ。やはりモテるわね。ミント」
 いつの間にか明が隣に来ていた。
「あ、明。何よこれ」
「だーから言ったっしょ。ミントってかわいいって。男子が放っておかんのよ」
「そんな……あたしなんて別に普通だし」
「そのエプロンドレスがねぇ……アリスみたいだってけっこう評判いいわけよ。男子、アリス系って好きだからさ」
「あ、あたし、そんなつもりじゃ……」
「そんなつもりもこんなつもりも、ミントもいっちょ決めてみたら? ミント狙いの子、けっこいるわよ」
 ええっ、でも、あたしは小学生だから……恋は中学生からで……。
 真美さーん! 明ー! 助けて~! 朝勉強はどうなったの~?!

2011.5.8

4→

BACK/HOME