腹心の友 5

 跡部が勝手に決めた記念日『腹心の友の日』の第一回テニス大会は忍足・向日ペアが優勝して賞金百万円を獲得した。
 越前・手塚ペアは跡部・樺地ペアをくだし決勝まで行ったが忍足達に敗れた。ちゃっかり桃城・神尾ペアも参加していた。いい試合だったが相手が悪かった。一回戦で敗退した。
「うーん、やっぱ息が合わないんスかね。手塚先輩とのダブルスは桃先輩との時よりもやりやすかったけど」
「やはりダブルスは練習が必要だな。来い。越前。今からしごいてやる」
 越前は手塚の後をついて行った。氷帝のコートでは跡部が、
「あそこで俺様が凡ミスしなければ~!」
 と悔しがっているのを樺地が一生懸命宥めていた。

「なぁ、侑士。百万円何に使う?」
「そやな。何に遣おか」
 優勝した忍足侑士と向日岳人が賞金の使い方について話し合う。岳人が言う。
「勉強机を新しくするとか」
「百万もあるんやで」
 忍足が答える。
「ユニフォームを新調するとか」
「百万もあるんやで」
「新しいテニスコートを買うとか」
「百万しかないんやで」
「は~、どうしたらいいかな~」
「賞金は折半やろ」
「……そうだな」

 リョーマの部屋。南次郎といつもの試合をした後、簡単にシャワーを浴びたリョーマが鞄からスマホを取り出す。
「――あ、もしもし跡部さん?」
「越前か」
 跡部の低めの声を聞いてリョーマの背筋が嬉しさで戦慄く。
「今日は残念でしたね。まぁ、俺達の方が強いってわかったでしょうけど」
「忍足のヤツらに負けてたじゃねぇか」
「あの二人の結束には敵いませんね。正に腹心の友です。跡部さんと樺地さんも息が合ってるようだけど、俺達には勝てませんでしたよね。もっと練習した方がいいですよ」
「――てめぇ、俺様に喧嘩売ってんのか?」
「違います。――今度試合で負けたらデートしてください」
「あーん?」
「今日の試合ではなく、今度の試合で」
「何だ、また頭丸めろという条件じゃないんだな」
「何なら今度はスキンヘッドにしてあげてもいいですけど」
「断る――と言いたいとこだが、スキンヘッドの俺様か……想像したら結構イケてんな。美貌の男は罪だぜ」
「――俺、今本気で跡部さんのこと丸刈りにしたくなりました。ってそうじゃなくて!」
 リョーマが叫んだ。
「俺、跡部さんといろんなとこ行ったりしたいです」
「そうだな。庶民とはどういうデートをするのか勉強するのも悪くないな。でも、俺は山を散策する方が好きだな」
「へぇー……」
「『へぇ』って何だ」
「意外な気がして。跡部さんは山屋さんだったんですか」
「おう。山はいいぞ。小さな雑草とか見ると楽しくなる。健気に一生懸命がんばってんだな、と思うと」
「跡部さんは雑草が好きなんスね。意外でした」
「おう。その辺の花とか可愛いぞ」
 俺が可愛いと思うのは跡部さんの方です――しかし、リョーマはその台詞を飲み込んだ。
「じゃ、いつか一緒に行きましょう」
「そうだな。手塚も誘ってな」
「忍足さんも行くんでしょうか」
「来るんじゃねぇの?」
「樺地さんも一緒でしょうか」
「当然だろ」
「俺、跡部さんと行きたいです」
「ん? そうか。まぁ、友と親交を深めるのは悪くないもんだぜ」
「今まで友達いなかったくせに」
「なにぃ?!」
「あ、俺は友達に数えないでくださいね。いずれ恋人になるつもりですから」
「何言ってんだ、お前」
 電話の向こうで跡部が呆れた声を出した。
「ああ、こっちの話。今度もテニス大会やるんでしょ?」
「都合がつけばな。でも、散歩ぐらいテニスに負けずとも付き合ってやるぜ。近所の公園にでも行こう」
「ほんとですか?!」
「ああ。日曜の午後二時に来い。待ってる」
「――はい」
 電話を切ったリョーマは顔がにやけるのを抑えることができなかった。

「手塚。日曜の午後二時に公園の時計台まで来い」
「はぁ?」
「リョーマと一緒に散歩に行くんだ。お前も来い」
 さすがは跡部。リョーマの心などちっともわかっていなかった。
「残念だがその日は不二と約束がある」
「何だ。不二との関係は健在か。わかったよ。俺も野暮は言わねぇ。楽しんで来い」
「悪い」
「何の何の。お前の恋、応援してるぜ」
「お前は俺の心配より自分の心配をした方がいいと思うがな」
「――どういうことだ?」
「お前、案外鈍いんだな」
 インサイトでもリョーマの心は見抜けぬようだ。手塚は溜息を吐いた。
「じゃあな」
「おう。またテニスやろうな」
「わかった。お前らとのテニスは楽しいからな」
 電話は切れた。

「跡部さーん」
 リョーマが跡部に手を振った。跡部はローレックスの時計を見遣る。――まだ早ぇよな。
「何だよリョーマ。早いじゃねぇか」
「三十分前から来てました」
 リョーマはにこっと笑う。――くそ。可愛いじゃねーの。
「三十分も待ってたのか? お前が? たかだか散歩だぞ」
「はい。俺の方が早く来たんで、山は後にして今日は俺に付き合ってください」
 どういう罰ゲームだよ、そりゃ。
 でも、リョーマのアーモンドアイがあんまり眩し過ぎたので跡部は折れた。
「わぁったよ。で、どこ行く」
「ウィンドーショッピング」
「それが庶民のデートなのか……カード持ってきたから好きなもん買っていいぞ」
「じゃあ、跡部さんを買うよ!」
「どういうジョークだ。それに俺様は安くねぇぜ」
 ほら、恋人繋ぎ――と人の話を聞かずにリョーマは手を差し出す。跡部もその手を取って街の人ごみの中に入って行く。
 手は汗ばんだけれど跡部は何だかほんわりして気持ちが良かった。

後書き
腹心の友シリーズ、まずは一段落です。
リョーマと跡部のすれ違い(笑)。でもちょっといい感じ?
忍足とがっくんのやり取りは、『動物のお医者さん』のパロディです。
2017.1.9

BACK/HOME