一大決心!

 今年の甲子園で西浦が優勝した。オレは三年生だった。
 体育館の裏に陽が容赦なく照っている。蝉がじーわ、じーわと鳴いていた。
 西浦高校野球部の主将。それがオレだ。『梓』という名前はあまり好きでないので、親にも『花井』と呼ばせている(大体、180㎝の男が梓なんておかしいだろう)。
 一年のときからキャプテンやってきた。これは相変わらずだ。
 そして、変わらぬ心がもう一つ……。
「ずっと前から好きでした! つきあってください!」
 三年間想ってきた女性に告白する。
 いや、本当は三年ではなく、二年と数か月なんだけど、細かいところは気にするな。オレも結構気にする方だけど。
 甲子園優勝、そして引退を機に、どうしても伝えたかった。
「花井君……」
 相手はモモカンこと百枝まりあ監督だ。オレ達とはこの西浦に硬式野球部ができて以来の付き合いだ。いや、男と女としてではなく、監督と球児としてだけど。
 いつか恋人になりたいと思っていたのだ。一年のときより、二年のとき、二年のときより三年……と心は募っていった
「ありがとうね。花井君」
 あ、このパターンは……もしかしてふられる?
 モモカンはオレに近付いてきた。ざあっとモモカンの長い髪が風に巻かれる。
「私、年上だけど、いいのかしらね」
「は、はい! オレ、気にしません!」
 というか、年上好きです! 年上万歳!
「一生オレの傍にいてください! 必ず幸せにしてみせますから!」
「それ、プロポーズ……?」
「そうとってもらってもいいです!」
 オレは威勢よく答えた……つもりだった。
 モモカンはくすくすと笑った。
 そうだな……笑われるのも無理ないよな。
 オレ、7歳も年下だし、モモカンの顔とプロポーションなら、男に引っ張りだこだろうし……。
 けれど、オレはモモカンの外見だけに惚れたわけじゃなかった。
 最初、女の監督は有り得ないと思っていた。けれど、男顔負けの技術。人心操作に長け、しかも野球を心の底から愛している。
 そして……あの甘夏つぶし。握力いったいどのぐらいあんだ?
 その果汁を飲み干したのは、オレ(と犬のアイちゃん)だけだ。旨かった。
 いやいや、そんなことはどうでもいい。オレは、あの「オレ、辞めます」と言った馬鹿な当時のオレに、モモカンが見せたあの切なげな表情が気になったのだ。
 はっきり言ってあんときは、ボールやバットの扱いに興味が向いたのだが、後になって、あの顔がオレの頭の中に浮かんでくるようになった。
 もう二度と、あんな顔はさせねぇ!
 だから、主将の役目も引き受けた。まぁ、他の部員に満場一致で推されたっていうのもあるが。一応人徳あるのかな、オレって、なんて、ちょっと得意になってしまったりしてな。
 中学でもキャプテンはやってったけど、はっきり言って、高校の方が断然面白かった。
 モモカンの……おかげだ。
 暑い。
 汗が脇の下に流れてくる。オレの坊主にした頭にも陽光がじりじりと照りつけている。
「花井君。私もあなたのことが好きよ」
「え?」
「選手としてね」
 あ……。
 ああ、やっぱり……。
 そんなことだろうとは思っていた。
「あなた達がいたから、西浦野球部は甲子園優勝したのよ」
 はいはい、そうですね。
「男として見たことはなかったのよ。……今までは」
「今までは――? じゃあ、今は?」
「ちょっと……ドキドキしてる」
 それって、脈ありってことか?
「モモカン! 待っていてください! オレ、もっともっと男を磨いてきます」
「花井君は、そのままでも充分いい男よ」
「でも……」
「これからも、よろしくね。それから花井君。二人で幸せになりましょう」
 ああ。一方的にオレがモモカンを幸せにするんじゃなく、二人で幸せになろうっていうことか……。
 って、それって、つきあうのOKってこと?
「モモカン、いつか、結婚してください!」
 オレは頭を下げた。
「考えておくわ」
 モモカンの台詞に、オレは嬉しさと興奮と暑さのあまり、ぶっ倒れそうになった。
 
 そして、月日は流れ――
「おい、三橋、阿部もいんだろ。わかってる。おまえらなんだかんだ言って結構仲良かったもんなぁ。今も一緒に住んでんだろ? え? ああ、阿部。結婚式の招待状は届いたか? 絶対来いよ」
 オレは幸せいっぱいに、かつてのチームメイトに連絡した。部屋の窓際に座って。
 用件を伝えて、一旦携帯を切った。
 近々、オレとモモカンは結婚する。
 一つ屋根の下で暮らすことになるのだ。親とは同居しないけど、はるかとあすかがいるから大丈夫だろう。
 子供は11人。野球チームができるくらい作ろうって、話し合った。
 おっ、そうそう。田島にも電話しなきゃな。
 元西浦高校野球部のNO.1にして、オレのライバルだった奴。
(あいつもいたから優勝できたんだよな)
 甲子園優勝も夢ではないと思ったときから、オレは、モモカンへの告白を考えていた。
 田島悠一郎。あいつもオレを変えてくれた。
「おー、田島か。おまえも元気にしてるか? あ、おまえはいつも元気だったっけ。招待状届いたろ。オレがモモカンと結婚するって話……」
「知ってるよ。披露宴にはごちそう出るか?」
 田島からこちらが脱力するような質問が来た。
「あのなぁ……」
「ウソウソ。いや、ウソじゃねぇけど……結婚おめでとう。でも、残念だなぁ。オレもモモカン好きだったんだよ」
「えっ……?」
 田島が恋敵だったとは。
「モモカンが花井と結婚するならもうすっぱり諦める。その代わり花井、オマエの妹、一人どっちかオレにくれ」
「田島ーーーーー!!」
 やっぱり冗談だったんだ。
「おまえに妹はやらねぇーーーー!」
「なんだよ、ケチ。――でもま、幸せになれよ」
「ああ。約束する。じゃあな」
 潮時と見て、オレは電話を切った。
 これから、モモカンと二人の生活が始まるんだな……。
 もうオレにとっては監督じゃねぇから、百枝? まりあ? 何て呼べばいいんだろう。
 忘れてた。彼女はもうすぐ花井まりあになるんだった。
 オレは、自分の顔がニヤついていくのがわかった。
(いかんいかん! しっかりしろオレ)
 気合い入れるためにぱんぱんと頬を叩く。
 家の窓からは春の花が咲き誇るのが見えた。

後書き
花誕小説です。結果的に二部作みたいになりました。
山之辺黄菜里さんのメールでヒントをもらいました。
本人に訊いて、快諾をもらいました。
黄菜里さん、そして読んでくださった方々、どうもありがとうございます。
2009.4.28

BACK/HOME